ブルーベリー サプリ

MENU

ブルーベリーって医薬品!?アントシアンが眼の疲れ予防に!

日本では、ブルーベリーは医薬品ではありません。
目に良いということは多くの方に知られていることですが、薬としてブルーベリーを摂取することはできません。
ただし、ヨーロッパでは、ブルーベリーを医薬品として取り扱う事もあり、単にサプリメントとして利用しても、効果に期待が持てる食品です。

 

ブルーベリーがなぜそれほど目に良い効果があるのか?というと、秘密はあの青色にあります。
ブルーベリーの青の正体はアントシアニンという色素です。

 

アントシアニンが目の中で、物をみる働きを助けます。
網膜にあるロドプシンの再生に大きく関係します。

 

ブルーベリーのアントシアニンに効き目は即効性があり、食べてすぐに眼の調子がよくなってしまうという素晴らしいメリットがあります。
ただし、持続性がないとされていて、ずっとブルーベリーのアントシアニンが効くものではないとされています。
目の疲れに効くというのは、よく見続けることができるということで、網膜の中でレンズの役目をしているロドプシンの色素に効くアントシアニン。
医薬品ではないのですが、疲れ目が気になる方は、ブルーベリーを摂取することはオススメです。

 

持続性がないため、続けて多くのブルーベリーを必要とするため、生のものよりもサプリメントが断然おすすめです。
よくブルーベリー○個分のアントシアニンが含有しているとされていますが、このサプリメントを継続して摂取している方で目の疲れが気にならなくなったという方は大勢いらっしゃいます。